<< <消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞) | main | DNAデータベース拡大(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


障害者自立支援 奈良地裁でも和解(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意した障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、奈良市の小山冨士夫さん(53)が、国と市に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が29日、奈良地裁(一谷好文裁判長)であり、小山さんと国、市側の和解が成立した。支援法をめぐる訴訟の和解成立は、さいたま地裁に続き2例目。

 和解条項では、今年1月、長妻昭厚生労働相が調印した基本合意文書に原告、被告双方が合意することなどが確認された。原告側弁護団は「国の障害者制度を転換させたという意味で勝訴的な和解」とした。

 平成18年施行の支援法は、障害福祉サービスの利用を原則1割自己負担としたため「生存権を保障した憲法違反」として、障害者らが全国で提訴。今年1月、国と原告団、弁護団が、自己負担の廃止や25年8月までの新制度実施などを約束した基本合意文書に調印した。

【関連記事】
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
障害者自立支援法訴訟、和歌山地裁分は4月和解
国が姿勢転換、京都でも 障害者支援法訴訟
障害者自立支援法めぐり集団提訴 厚労相の廃止意向も「国は分からない」
「手段選ばない」「世渡り上手」…村木容疑者“裏の顔”

「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ−参院委(時事通信)
<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 09:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
債務整理 無料相談
無料ホームページ
ネイルサロン
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM