スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


元民主・岩國氏が自民政調会顧問に(産経新聞)

 自民党は7日、元民主党副代表の岩國哲人氏(73)を政務調査会の顧問に充てると発表した。岩國氏は党本部で記者会見し、「消費税について言おうとしない民主党政権に失望した」と述べた。

故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
客に偽装結婚させ融資申請、4000万円詐欺(読売新聞)
火災 焼け跡から子供3遺体 北海道・苫小牧(毎日新聞)
「煙たいが力ある」=仙谷官房長官起用で首相(時事通信)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)

「職務質問の技能伝承を」=地域課長会議で警察庁長官(時事通信)

 全国警察本部の地域課長を集めた会議が1日、東京都内で開かれ、安藤隆春警察庁長官は、経験豊富な警察官が大量退職時期を迎えていることに関し「若手警察官に職務質問技能を着実に伝承していくための取り組みを推進してほしい」と訓示した。
 安藤長官は、交番勤務の警察官などによる犯罪の抑止、検挙が「地域の安全・安心を確保する上で重要な役割を果たしている」と強調。巡回連絡や地域住民の要望への対応など、数字に表れにくい活動にも配慮して表彰し、士気向上に努めるよう求めた。 

<衣替え>「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
鳩山首相が党幹部に辞意伝える(読売新聞)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
認知症の人と家族の会、公益社団法人に(医療介護CBニュース)
民主・石井一議員宅で金庫盗難=現金1000万円、妻が届け出―神戸(時事通信)

<雑記帳>コウノトリ「えっちゃん」命名 福井・越前(毎日新聞)

 福井県越前市が40年ぶりに飛来したコウノトリの愛称を公募し「えっちゃん」と命名した。31日から特別住民票500枚を市役所で配り、保護募金も呼び掛ける。

 えっちゃんは兵庫県豊岡市生まれの雌で、4月1日から長期滞在中。たくさんの生物をはぐくむ「コウノトリ呼び戻す農法」の水田近くに最初に舞い降り、地元の話題に。

 秋田、埼玉などからも応募があり、499件中最多の21件が越前にちなむ「えっちゃん」。抽選で名付け親になった地元の小学生には、名前通り“呼び戻した”農法米10キロを贈る。【幸長由子】

トラック運転手逮捕 大阪・港区の死亡ひき逃げ(産経新聞)
テニアン市長「普天間誘致考えている」(読売新聞)
北日本太平洋側、大雨恐れ=大しけにも注意―気象庁(時事通信)
各党、要介護者らの「郵便投票」改善に前向き―政治参画フォーラム(医療介護CBニュース)
<人事>新広社(27日)(毎日新聞)

「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声(産経新聞)

 警視庁に不同意堕胎容疑で逮捕された小林達之助容疑者(36)が、事件当時に勤務していた東京都港区の慈恵医大病院には、18日早朝から多くの報道陣が詰めかけ騒然となった。出入りする医師らは事件について尋ねても、「分からないので…」「初めて知った」などと答え、足早に去っていった。

 同病院は同日午前9時ごろから今後の対応を協議していたが、午前10時過ぎに「捜査中なので詳しいことは話せない」と会見を行わないことを決定。報道各社からの電話対応に追われた。

 診察で訪れていた千葉県船橋市の女性患者(73)は「(容疑が事実とすれば)本当に無責任だと思う。普段、命を扱う医師がそんなことするなんて信じられない」とあきれた様子。

 以前、同病院に勤めていたという男性医師(77)は「(事実なら)病院の伝統を破るような、あってはならないこと。後輩とはいえ愚かだと言いたい」と憤った。

【関連記事】
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
誤投薬で植物状態の女性に7500万円支払え 岡山地裁が病院に命令
処方箋の記載方法を統一 投薬ミス多発受け
医療ミスで胎児死亡、西神戸医療センターが心拍モニター外す
カテーテル誤って脳血管に、男性が死亡
中国が優等生路線に?

架線にトタン屋根=名鉄竹鼻線、運転停止―岐阜・笠松町(時事通信)
渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目
<着服>元公認会計士が30億円 容疑の35歳聴取 警視庁(毎日新聞)
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)

<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)

 集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして患者や遺族が国に1人当たり1650万〜6600万円の損害賠償を求めているB型肝炎訴訟で、国側は14日の札幌地裁(石橋俊一裁判長)の口頭弁論で、和解勧告受け入れを表明した。原告側も受け入れを決めており、提訴から2年余で、双方が和解交渉のテーブルに着くことになった。今後、救済範囲や補償額などを巡る協議が始まる。

 札幌地裁は前回期日(3月12日)で双方に和解を勧告し、14日までの回答を求めていた。原告側はただちに和解協議入りを決定。札幌に続き、3月26日に福岡、4月23日に大阪の各地裁でも同様の勧告が続いたが、政府は方針を正式表明していなかった。

 この日の口頭弁論で、国側代理人は和解協議の受諾を表明した一方、「和解対象者の範囲や認定方法、原告の症状に応じた和解金額などについて、議論が尽くされていない」と述べ、具体的な条件は示さなかった。

 札幌地裁は和解勧告に当たり、救済範囲や補償額を「広くとらえる方向で判断する」との指針を示した。しかし国内感染者数は推計で最大140万人とされ、補償額は過去の薬害などと比べて過去最大規模になる可能性がある。国側は慎重な姿勢を保つとみられ、交渉は難航も予想される。

 B型肝炎を巡っては、ウイルス感染の危険性を知りながら注射器の使い回しを放置していたとして、最高裁が06年6月、北海道の患者5人に対し国に1人550万円の賠償を命じた。しかし国は被害者の一律救済や実態調査に踏み出さなかったため、08年3月から全国10地裁で訴訟が順次起こされ、原告は420人に上る。札幌訴訟の原告は62人(患者59人、遺族3人)で、請求額は総額21億5050万円。【久野華代、金子淳】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:15日に無料電話相談を実施

徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
<NHK経営委>倉田真由美氏と幸田真音氏ら 人事案提示(毎日新聞)
公務員法案、午後に衆院通過=自共み、内閣委員長解任案を提出(時事通信)
元夫を遺棄容疑で逮捕=殺害も示唆、空き家の女性遺体−静岡県警(時事通信)
介護・看病疲れで自殺、過去最多(医療介護CBニュース)

<口蹄疫>新たに牛4頭感染の疑い 確認7例目に 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農、川南両町の畜産農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、農林水産省と県は25日、新たに川南町の畜産農家で、感染した疑いの強い牛4頭が確認されたと発表した。7例目に当たり、県は26日以降、この農家が飼育している和牛725頭を殺処分する。殺処分の頭数は過去最大規模。

【関連ニュース】
口蹄疫:周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎

首相はなお説明を=偽装献金事件で社民幹事長(時事通信)
<無理心中>重傷の母親も死亡 東京・羽村(毎日新聞)
本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街(産経新聞)
他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕(産経新聞)
小沢幹事長続投を支持=鳩山首相(時事通信)

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)

 17日午後0時10分ごろ、東京都足立区新田1の路上で、停車中の都営バスに後ろから来た乗用車が追突。警視庁によると、乗用車を運転していた60代の男性が心肺停止状態で、同乗の孫の女児もけがをした。バスの乗客約40人のうち5人も軽いけが。【山本太一】

両陛下が武蔵陵墓地でご拝礼(産経新聞)
復縁狙い友人と強盗劇…女性襲わせ助けに登場(読売新聞)
<乳児虐待>壁に投げつけられた長女、11月にも骨折 (毎日新聞)
<自民党>「国民安心税」公約 消費税率上げ医療などに(毎日新聞)
国民生活センター 新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)

<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)

 山田宏・東京都杉並区長や中田宏・前横浜市長ら現職や元職の首長らが中心となる「首長新党」が、18日に旗揚げすることが分かった。山田、中田両氏らが同日、都内で記者会見を開き、正式表明する。代表には山田氏が就く見通しで、20人以上の現職首長が応援団を結成して支援する。

 首長新党は山田氏らが昨年10月に結成した政治団体「よい国つくろう!日本志民会議」が母体になる。会見には山田、中田両氏のほか、斎藤弘・前山形県知事らが出席。党名は会見で発表する。国会議員は参加せず、今夏の参院選に10人以上の候補者を擁立する。

 山田、中田、斎藤の3氏は今月10日発売の月刊誌・文芸春秋への寄稿で「コスト意識のまったくない民主党の政治を傍観するわけにはいかない」と新党結成の意向を明らかにしていた。すでに杉並区議らが新党への参加を表明したほか、熊本県人吉市の田中信孝市長も参加の意向を示している。【笈田直樹】

【関連ニュース】
<首長新党>新党:山田・杉並区長、中田・前横浜市長らが月内結成へ
<首長新党>日本志民会議:首長ら、参院選前の新党結成へ意欲訴え /東京
<首長新党>中村・松山市長:新党参加、参院選出馬を否定 中田氏ら結成で /愛媛
<首長新党>参院選’10山形:首長新党、斎藤前知事が参加へ 民主党政権への憤り強調 /山形
<一足先に発足>新党:「たちあがれ日本」旗揚げ 保守結集ならず 幻だった「石原新党」

「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件
阿久根市 運営巡り議員怒鳴り合い…市議会特別委(毎日新聞)
銃声 連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)

<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】「すぐにでも宇宙に行きたい」−−。宇宙飛行士候補の油井亀美也さん(40)、大西卓哉さん(34)、金井宣茂さん(33)の3人が11日午後(日本時間12日早朝)、訓練を受けているジョンソン宇宙センターで会見した。山崎直子飛行士(39)が乗り組んだスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げを初めて間近で見て「感動した」と口をそろえた。

 油井さんと大西さんは昨年3月、金井さんは同9月、候補として日本の宇宙航空研究開発機構に採用された。ジェット機に乗り組んで計器観測、通信、操縦などを同時にこなす訓練、搭乗機が不時着したことを想定したサバイバル訓練、ロボットアーム操作、ロシアのソユーズ宇宙船に乗り組むためのロシア語など多彩なプログラムに取り組んでいる。

 操縦経験のない医師の金井さんは「(パイロットの)油井さん、大西さんにも教えてもらっています」。3人の口からは「(引退する)スペースシャトルに乗れる人がうらやましい」との本音も。

【関連ニュース】
山崎直子飛行士:巨大コンテナ取り付け作業開始
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影
山崎直子飛行士:長女の選曲で最初の朝
山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過
山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面

<鳩山首相>「会期内成立に全力を」…延長論にクギ(毎日新聞)
<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)
新党名「たちあがれ日本」で調整=「平沼新党」(時事通信)
JR不採用問題23年ぶり政治決着…解決金200億(読売新聞)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)

サントリー音楽賞に大野和士氏(時事通信)

 第41回サントリー音楽賞(サントリー芸術財団主催)は31日、指揮者の大野和士氏(50)に決まった。賞金700万円。第9回佐治敬三賞(同主催)には公演「クロノイ・プロトイ第5回作品展〜弦楽四重奏の可能性」が選ばれた。賞金200万円。 

【関連ニュース】
詩歌文学館賞に有田忠郎さんら
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん
H氏賞に田原氏
吉川英治文学賞に重松清氏
中原中也賞に文月悠光さん

足利事件に関する警察庁報告書の概要(読売新聞)
高校無償化法案を可決=4月から施行−参院文科委(時事通信)
ダイハツ「タント」「ムーヴラテ」リコール トヨタ「タウンエース」なども(産経新聞)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
債務整理 無料相談
無料ホームページ
ネイルサロン
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM